天下の奇祭 国府宮はだか祭りに初参加!!

昨日は、初めて国府宮のはだか祭りに参加してきました。
今回は自分の地元の地区からではなく、友達の地区から参加させてもらいました。

雪がまだ残り、ちょっとだけ雪がちらつく中、朝8時過ぎに集合場所の神社へ。
到着後、焚き火の番だったり、飲み歩くお酒の準備、なおいを書いたりなどをやってから、晒(さらし)をまいてもらって準備完了。
この晒がきつすぎて後から悲惨なことになってしまいました。。。。


その後、簡単に昼食を食べて、いざスタート。
上の写真にある竹をみんなで運んで行きました。
この頃には日もさしてちょっとだけ暖かかったです。

途中、道路の真ん中で竹を立てたり、うねうねとうねったりしてなかなか面白かったです。
その反面、日陰での寒さは尋常ではなかったです。

そんな感じで神社を3つほど経由したところで、近隣地区の人たちと合流して大勢で国府宮に向かうことに。
そのあたりで、寒い&寒いから飲んでいた日本酒がきつい&晒がきついという状態で早くもギブアップ・・・・。
並走していた車に乗せてもらい一時待機。

最後、国府宮の参道に入る前に更に他の地区の人と合流した時点で車から出て自分も合流。
大勢の人が見守る中の参道、そして最後の奉納に参加できてとても楽しかった。

その後、希望者は新男に触るイベントに参加したのですが、僕はそのまま帰還。
予想以上にきつかったはだか祭りですが、参加できたのはとても良かったかなと思います。

地元に住んでいない人でも参加できるので、興味がある方はぜひ参加してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です