察知力を養う方法

少し前に話題になった本で中村俊輔選手の「察知力」というのがありましたが、ふと察知力は必要だよなと思ったので書いておきます。
(中村俊輔選手の本はまだ読んでいないのでいずれ読みたいとは思います)

辞書によると、察知とは、
おしはかって知ること。それと気がつくこと。

goo辞書より

と書かれています。

この「気がつく」というのが大切で、仕事の仲間だったり、サービスを提供する相手だったりに対して、気づいてあげることで、よりスムーズに仕事が回ったり、より良い物が提供できたりすると思います。

ではどうしたら気がつけるようになるのか?

やはり、相手の立場にたって考えることが大事ですね。

日頃から相手の立場で物事をみていく訓練をすることで察知する力を養っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です