Google Places APIを使ってみた

地図 個人的なサイトでお店の情報が欲しかったので、Google Places APIを使ってみました。

使う前に「許容される使用条件」を確認すると、
・プレイス詳細リクエストは、プレイス検索結果に対するユーザー操作に応答する場合か、前にリクエストしたプレイス詳細を更新する場合にのみ実行します。アプリケーションですべての検索結果をループ処理し、各結果の詳細を取得することは認められていません。
このように書いてありました。

・・・・。

とはいってもどんな感じになるかだけ見ておこうと思い、やってみました。


使い方はGoogle Places API(デベロッパー向けプレビュー)に書いてある通りですが、signature部分がなんとなく面倒な感じ。
ということで調べていたら、英語で書かれたThe Google Places API (Experimental)だと、signatureはなくて呼び出せそうでしたので、そっちを利用することに。

呼び出し方は、
https://maps.googleapis.com/maps/api/place/search/xml?location=35.172163,136.90841&radius=1000&types=cafe&language=ja&sensor=false&key=*******
こんな感じでOK。
typesは色々選べてGoogle Places API: Supported Place Typesに書いてあるものが選択できます。
結果はこのような感じで返してくれます。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<PlaceSearchResponse>
 <status>OK</status>
 <result>
  <name>猿カフェ 栄店</name>
  <vicinity>愛知県名古屋市中区栄3丁目35−17</vicinity>
  <type>cafe</type>
  <type>food</type>
  <type>establishment</type>
  <geometry>
   <location>
    <lat>35.1633860</lat>
    <lng>136.9040050</lng>
   </location>
  </geometry>
  <rating>3.7</rating>
  <icon>http://maps.gstatic.com/mapfiles/place_api/icons/restaurant-71.png</icon>
  <reference>**************</reference>
  <id>**************</id>
 </result>
 <result>
 :
詳細情報を取得したい場合は、上記のreferenceを利用して情報が取得できるようになっています。

なかなか良さそうですが、前述の「許容される使用条件」があるので利用は見送りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です