生活の原点をつくる


今読んでいる本の「脳が冴える15の習慣」の中の第一章に「生活の原点をつくる」とあり、その中で、

・朝一定の時間に起き、生活のリズムを安定させる
・脳のウォーミングアップのために、足・手・口を意識的に動かす

と書かれています。

生活のリズムで大事なのは、やはり睡眠だと思っています。

朝は会社に行く時間が固定なので、起きるのは一定の時間に起きれています。
一方寝る時間はというと、週末などは特にそうなのですが、プログラムを作ったりなどしていて寝る時間が一定ではありません。
寝る時間もしっかり決めて、以前ブログで書いた「寝る30分前になったらPC、携帯、TVは消す」もまだまだ徹底できていないので、この辺りも注意していかないといけないと思っています。

脳のウォーミングアップについては、本の中では、手を動かすために、片付けを行う。
口を動かすために、音読をするというのが紹介されていました。
起きる時間が遅いので、ドタバタと朝を過ごしてしまっているので、意識的に足・手・口を動かさないといけませんね。

生活の原点をしっかりつくっていきたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。